スポンサーサイト

--.--.-- --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【老舗の】DUNCANのハンドスピナー「FZ」レビュー&改造【風格】

2017.07.04 18:31 

IMG_20170704_113610


以下の記事の続きです。

【動画アリ】良いハンドスピナーを探すなら部品単位で探しましょう【トライスピナー】

【ハンドスピナー】ebayで送料込み330円で購入したアルミキャップが届きました


完全にハンドスピナーブログになった雑記です。

ついハンドスピナーの世界に大手メーカーのDUNCANが参入しました!!


IMG_20170704_164159


僕と同じ世代の人ならこの画像で「おっ!!」となると思います。

国内ではバンダイが取り扱っていたハイパーヨーヨーを作っている会社です。

(左上の緑色のヨーヨーはYOYOJAMという別の会社の物です)

ちなみに右下のインペリアルは未開封です(自慢)


とにかくハンドスピナーの上位互換とも言えるヨーヨーの老舗が参入したんですよ!!

そんな期待しかできないハンドスピナーのレビュー・改造・動画を紹介していきます。


長くなるので以下の「続きを読む」をクリックしてください。


  
IMG_20170704_114427

上画像の右が今回購入したDUNCANのFZです。

自分が使用している画像左のCosyZoneのトライスピナーより一回り小さいです。


IMG_20170704_114554

ベアリングのサイズは608ですね。

キャップは程よくお椀状になっていて指に乗せた時の安定感は良好です。

ボディの素材が何かわかりませんが、ナイロンより少し硬い質感です。

ABS樹脂よりは柔らかいので耐久性も良い方だと思います。

パッケージを見る限り、DUNCANはFZで技をやるような旨は一切記載されていません。

やはりハンドスピナーは技をするようなモノでは無いのではないでしょうかね。

前回の記事でも書きましたが、技的なモノがしたければ大人しくヨーヨーを買いましょう。

ハンドスピナーに耐衝撃性を求めるのは不可能です。

そもそもYoutubeなどに上がっているトリック動画自体噴飯物ですが





まずは素の状態で回転時間測定してみました。

動画では大変伝わりにくいのですが、回転のブレがほぼ無いです(゚∞゚;)

本気で回せば2分半は余裕でオーバーするでしょう。


   bari
  
先程回転のブレが無いと書きましたが、ブレが無い理由がわかりました。

上画像の赤い線の上辺りがわかりやすいのですが、

形成時のバリが中心ではなく角に近い位置にあります。

簡単に説明すると、樹脂製の製品は2つの板を熱で溶かして貼り付けて作られています。

その熱で溶かして貼り付けた際に出来るのがバリです。

樹脂は熱で簡単に成形ができる一方で、熱のせいでどうしても歪みが発生します。


現在自分が所有しているトライスピナーは全てバリが真ん中にあり、

真ん中から歪みが発生するので結果として全体的に歪みが生じます。

ひとつの型枠を使うだけで済むので精度よりもコスト削減を優先した結果ですね。


しかしこのFZは8:2ほどの割合の板を貼り合わせてあるので、

歪みが限りなく端にのみ発生するようになっており、

歪みが生じない精度が高い面を限りなく残してあるんです。

その結果ベアリングを精度の高い面に確実に当てることができるので、

ブレが生じないということだと思います(違ったらすいません)

要するに、

DUNCANスゴイ!!

それだけです(゚∞゚;) 


IMG_20170704_114823  
  
能書きはここまでにしておいて、ボディの精度が高いことがわかったので、

早速部品を交換していきましょう。

この角度からでも面が真っ直ぐになっているのが伝わるのかな??


IMG_20170704_114958

部品の取り外しが完了しました。

メーカーに依ってはベアリングとボディが外れないように、

接着剤を使用している場合があり、ベアリングを外すのが大変なんですが、

FZは精度が高いのでそんな物は必要が無い様で、正しい方向に力を加えれば

キレイに外れました。中心のベアリング部だけは少しキツめに作られてる感じがします。


IMG_20170704_115518

交換用の部品達。今までCosyZoneのボディで使っていた物です。

詳細は過去記事を参照してください。



IMG_20170704_115830


FZのボディに無事移植完了(゚∞゚)

この画像だけで全部の部品がツライチで揃っていることが伝わりますかね。

今まで使ってきたボディは、必ず部品のどこか一部だけがハミ出したり、

力の入れ方次第では斜めにハマったりと絶対妥協が必要でしたが、

FZは本当にスゴイです。上画像のようにしか入りません。

当たり前のように聞こえるかもしれませんが、本当にスゴイことです。



IMG_20170704_121729

キャップも前回紹介したアルミキャップを使用します。

ちなみにこの画像でもバリが見えると思うのですが、

回転させる時に指とバリが擦れて結構痛いので少し手を加えました↓


IMG_20170704_161204

棒ヤスリでバリを除去。これで完璧です!!!




早速交換後の回転時間を測定してみました。

本当に回転がキレイです。CosyZoneのボディ使用時とは誤差ではなく、

確実に回転時間が伸びました!!

動画の説明文に書きましたが、全力で回せば5分間は回りますね(゚∞゚;)

樹脂製ボディのトライスピナーで最強と言っても過言ではないんじゃないかと。。。



という訳でやはりDUNCANがハンドスピナーを作るとスゴイということがわかりました。

DUNCAN FZは現在のところ、国内ではスピンギアさんのみで販売しています。

ダンカン FZスピナー / DUNCAN FZ

今商品ページを開いてみたところ一部のカラーは既に売り切れてますね(゚∞゚;)

とにかくDUNCANはちゃんとした歴史のある会社です。

確実に買い!!!

更に言うならスピンギアさんの真鍮ウェイトと608交換用ベアリングも買い!!

お店もメーカーもちゃんとしたところで買いましょう。

安物買いの銭失いですからね。


そいではまたっヽ(゚∞゚)ノ 

関連記事

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鳩家

Author:鳩家
鳩家tvにて配信を行っている鳩家です。
ブログ同様PCやガジェット関連の話を主にしています。鳩家tvに遊びにきてくださいね!!
よろしくお願いします(゚∞゚)

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。