【白LEDしか】1月下旬に組んだ光るPC -組立・設置編-【認めない】

2017.04.28 08:19 

20170131_234757220_iOS

 

以下の記事の続きです。

【i7 6900k】1月下旬に組んだPC -仮組み・動作確認編- 【GTX1080】

【光るPC】1月下旬に組んだ新PCのパーツ紹介【Broadwell-E】

【EVGA】EVGA GTX1080FTXのサーマルMODとCorsair Dominator LED Kitの取付【Corsair】

 

今回はやっと見所の組立から設置についての記事です(゚∞゚)

最近ガラスを用いたPCケースが各メーカーからリリースされているので、

当記事が参考になれば幸いです。

 

今回も大量の写真メインですので、以下の「続きを読む」をクリックしてください。

 


 

20170129_023422620_iOS_1

 

まずは805 Infinityの水冷用ラジエーター取付けブラケットを外して、

 

20170129_024939163_iOS_120170129_024918102_iOS_1

 

この様にブラケットをラジエーターとファンで挟むように取付けます。

ブラケットの向きを間違えるとやり直すハメになるので気をつけましょう。

 

 

20170129_025758931_iOS_1

 

購入時に取り付けられていた背面ファンは華がないので取り外し。

 

 

20170129_032557914_iOS_1

 

CRYORIGの白い12cmファンと交換。

 

 

20170129_033838122_iOS_1

 

底面には背面と同じCRYORIGの12cmファンを2つ取り付け。

 

 

20170129_030011048_iOS_1

 

少し話が脱線しますが、この805 Infinityは完全に底面からの吸気なのですが、

上画像の防塵用のフィルターはマグネットで取り付けられていて、

横から簡単に取り外すことができるので、フィルターを外すためにPCケースを

動かす必要がないのでメンテナンスがすごく楽です!!

 

 

20170129_041418527_iOS_1

 

STRIX X99のバックプレートの取り付け。

高級感のあるバックプレートで素敵ですね。

INWINの805シリーズはバックプレートの取り付けが少しクセがあるので、

取り付けは慎重に行いましょう。

 

 

20170129_052137508_iOS

 

前回動作確認を行ったマザーボードの取り付け。

ケース同色の黒基調のマザーボード。最高です!!

 

 

20170129_075712034_iOS_1

 

RAM・簡易水冷の取り付けが完了。

まだLEDの点灯はしていませんが、既に黒基調のパーツにCRYORIGのファンが3つと

簡易水冷の8cmファン、Dominatorのヒートシンクの白や銀が良い感じのアクセント。

 

 

20170129_195405721_iOS_1

 

簡易水冷のラジエーター取り付けの際に気付いたのですが、805Infinityは

ラジエーターと水冷ブロックまでの距離が少し離れている為、チューブの長さが

結構ギリギリでした(゚∞゚;)

 

805Infinityを購入予定で簡易水冷を使用予定の方はチューブの長さに気を付けましょう。

ちなみに僕が使用しているCRYORIG A80のチューブ長は35cmです。

 

 

20170129_084330736_iOS_1

 

次に今回使用したパーツの中でもCPUの次に高価だった、Crucialの2TBのSSD。

 

 

20170131_070545990_iOS

 

805Infinityは2.5インチのストレージをマザーボードの背面に取り付けることができます。

しかし背面からマザーボード側にSATAケーブルを回すことになるので、

僕は捻れが怖いので通常のフラットケーブルではなく、ラウンドケーブルを使用しました。

 

 

20170130_025620963_iOS_120170130_045635380_iOS

 

LEDストラップ以外のケーブル類を全部を取り付けたので、僕が苦手な配線の処理。

自分なりにはこれでも頑張った方です(゚∞゚;)

 

 

20170131_070627894_iOS20170131_072022448_iOS

 

しかし僕のように配線の処理が苦手な方もご安心ください!!

805Infinityのガラスはスモークガラスなので、ガラス製のサイドカバーを取り付けると、

見ての通り汚い配線も見えません!!

 

 

20170131_062223416_iOS20170131_065625496_iOS

 

全くの盲点だったのがLEDストラップです。

805InfinityはASUSのAURA対応を謳ってはおりますが、STRIX X99のLEDストラップ

の取付用のコネクタは一本しか挿すことができません。

 

805InfinityはフロントパネルのLEDとケース内部用のLEDストラップが別になっており、

両方を取り付けるためには上画像のようなY字のケーブルで二本のストラップを、

一本にまとめなくてはなりません。

 

ここまで組み立ててから気付いたので、慌ててAmazonで注文して

翌日やっと作業を再開できました;;

 

STRIX X99には同梱品に黒いLEDストラップ延長ケーブルが付属しているので、

背面にY字ケーブルを取付けて、そこからマザーボード側にケーブルを延長すると

見栄えも悪くならないので、Y字ケーブルの色は気にする必要はありません。

 

以上で組立は完了です。

 

 

20170131_072154619_iOS

 

わくわくしながら電源オン!!光ってます!!

まだこの時はLEDの色・明るさを調整していなかったので画像では青になっていますが、

無事動作も確認できて一安心。

 

 

20170129_130959959_iOS_1

 

早速Windows10のインストール。

最近のOSはUSBメモリに入っているんですね(゚∞゚;)

MS純正のUSBメモリは素敵です。

 

今回は初のM.2 SSDへのOSインストールでしたが、OSインストールには

特に速度の恩恵は感じられませんでした。

というより、Windows10自体が過去のOSと違ってインストール作業が非常に短いです。

 

 

20170129_162914701_iOS_1

 

OSのインストールが完了して、すぐにベンチマークを測定してみました。

CINEBENCH R15のスコアは約1580cb。

前まで使用していたCore i7 3930Kの約1.5倍の処理速度です(゚∞゚;)

流石は10万円オーバーのCPUといったところでしょうか。

 

 

screenshot1485765136screenshot1485766104

 

ストレージの速度チェック。

やはりM.2 SSDは速いです。DDR2時代のRAMディスクと同等以上の速度です。

CrucialのSSDは普通のSATA3接続なので無難な速度ですね。

 

 

20170129_171501702_iOS_1

 

3D Markの「Time Spy」のスコアは約7700でした。

「Better than 92% if all result」とのことです!!

一般的な4KゲーミングPCをも上回るスペック!!!

 

 

screenshot1493154838

 

上画像はINWIN公式の805Infinityのエアフローの画像なのですが、

やはり簡易水冷を使用した場合CPUは冷えても、CPU周りのチップセットが

どうしても冷えないのが難点です。

 

が、

screenshot1493332736

 

僕が今回使用したCRYORIGのA80は、水冷ブロック部に8cmファンが付いているという

ハイブリッドな簡易水冷なので、ラジエーターに取付けた14cmファンから送られてくる外気を

斜めに取付けた8cmファンがチップセット周りも冷やして背面の12cmファンに

送風出来るようにエアフローを構築したので簡易水冷のデメリットも見事解消!!

 

このA80は本当に良く出来ています。

簡易水冷でチップセット周りの温度が気になる方に絶対オススメです。

 


 

20170223_163552511_iOS

 

前の記事でも紹介しましたが、引越しの際に前まで使っていた幅90cmのデスクから、

150cmのデスクに買い替えたので、念願のデスク上で白く輝くPCが完成しました。

自分の予想通り、CRYORIGのファンにLEDは付いていませんが、

他のLEDの光が当たることにより、ファンも白く光っているように見えますね!!

 

記事のタイトルにも記載しましたが、これからは白色LEDの時代です!!

白LEDしか認めません!!!!

 

今回組んだPCはパーツ選定に一切妥協をしませんでした。

お財布の中身は寂しくなりましたが、今でも自分の右側で白く輝いているケースを見ると

ニヤニヤしてしまうほどの出来なので、妥協しなくて良かったと思っています。

 


 

記事を書いていて1月下旬に現在のPCを組んだ時のワクワク感を思い出して、

ついつい興奮気味な記事になってしまいましたが、

これ以上に何も求める部分がない。自分の中での最高のPCが組めて満足しております。

 

今回はASUSのLEDの調光用のAURAの説明をしませんでしたので、

また後日自分の設定などを紹介したいと思います。

 

白色LEDしか認めません!!!!

そいではまたっヽ(゚∞゚)ノ

関連記事

テーマ : 自作パソコン
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鳩家

Author:鳩家
鳩家tvにて配信を行っている鳩家です。
ブログ同様PCやガジェット関連の話を主にしています。鳩家tvに遊びにきてくださいね!!
よろしくお願いします(゚∞゚)

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2 Blog Ranking