スポンサーサイト

--.--.-- --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【開封・外観レビュー】コナミスタイルで予約していた「beatmania IIDX 専用コントローラ プレミアムモデル」が届きました

2016.07.20 11:56 

01 - Lqd5niW

 

以下の記事の続きです。

【3月9日まで】beatmania IIDX 専用コントローラ プレミアムモデルを予約しました【生産決定】

 

もう予約していたことすらすっかり忘れていましたが,たった今

コナミスタイルよりビートマニアのプレミアムコントローラが届きました。

 

とりあえず取り急ぎ画像だけアップしていきます

以下の続きを読むをクリックしてください。

 

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

Oculus Riftを予約しました-推奨スペック比較-

2016.01.10 02:49 

riftblogcomplete.1

 

あけましておめでとうございます。

本年も雑記。を宜しくお願い致します。

 

2016年早々に待望のOculus Riftのコンシューマー向けモデルの予約が始まりました!!

日本時間で1月7日午前1時から予約開始だったのですが、うっかり寝過ごしてしまい

午前3時に予約完了。

 

 

screenshot.1452103863

 

予約開始前は300ドルぐらいとの価格予想がされていましたが、僕は10万円ぐらいだろうと思っていたら

本体+送料などコミコミで94,600円。

見事(?)に予想通りでしたね(゚∞゚;)

 

Oculus Riftは事前情報で要求スペックが非常に高いと言われており、

現在の自分のPCの構成で動くのかどうか推奨スペックと比較してみました。

 

少し長くなるので続きは以下の「続きを読む」をクリックしてください。

 

続きを読む

テーマ : ハードウェア
ジャンル : コンピュータ

【96mmの】FILCO社のMajestouch2・赤軸・テンキーレスを購入しました【有難味】

2015.02.28 12:06 

WP_20150227_20_20_51_Pro

 

 

以下の記事の続きです。

キーボードを買い換えました。- FILCO Majestouch N-key rollover -

【SteelSeries】約5年ぶりにトラックボールからマウスに買い替えました【Sensei】

 

先日の記事で約5年ぶりにマウスに戻った鳩家です(゚∞゚)

90cmという狭い横幅のデスクでどこまで快適にPC生活を遅れるかを考えた時に気付きました。

 

「そういえば自分ってキーボードのテンキー使っていないな」と。

 

調べてみるとFICLO社のフルサイズのキーボードとテンキーレスのキーボードの横幅は、

フルサイズ幅440mm、テンキーレス356mm

なんと96mm。デスク幅の1/9。約10cmも幅が違うんです!!

その幅を体験するためにMajestouch2テンキーレスモデル(FKBN91MRL/JB2)を購入しました。

約10cmの違いは狭いデスクにおいて非常に重要です。

 


 

WP_20150227_20_23_00_Pro

 

開封の儀は省略!!

上画像手前側が今回購入したテンキーレスモデル。奥側が今まで使ってきたフルサイズモデル。

同社製ということだけあって、純粋にフルサイズモデルからテンキーだけ無くなっただけですね。

 

 

WP_20150227_20_39_57_Pro

 

あくまで好みの問題ですが、今まで使ってきたMajestouch盤面上のFILCOロゴは派手な金色。

今回購入したMajestouch2のロゴの色はシルバーで、更に側面に配置されるという主張を控えた謙虚さ!!

密かにこの部分も気に入りました。

 

 

WP_20150227_20_23_37_Pro

 

タイトルにも書きましたが今回購入したMajestouch2のキースイッチは、

今まで使用してきたCherry社の茶軸ではなく、同社の赤軸モデルです。

 

当記事を書いている途中で調べていて知ったのですが、現在はCherry社ではなく、

社名がZF Electronics社に変わったので旧Cherry社というのが正しい書き方になりますね。

しかし語感が悪いのでCherry社としておきましょう(゚∞゚;)

 

ちなみに茶軸と赤軸の違いは

赤軸は黒軸の押下圧(60g)を減圧して、茶軸と同じ45g にしたスイッチになります。

 

黒軸を試打したことは何度かありますが、底打ち感のないムニャムニャとした打ち心地です。

赤軸も例に漏れず若干ムニャムニャとした打ち心地ですが、

押下圧は茶軸と変わらず、底打ち感があるので茶軸の打鍵音が静かになったかなという印象。

打鍵音が違う程度なので茶軸から乗り換えてもすぐに慣れるレベルですね。

 

 

WP_20150228_11_34_27_Pro

 

という訳で早速設置。

96mm幅が狭まったおかげでマウスパッドを横向きで置けるようになりました!!

 

昨日届いたばかりですが、小一時間使用していて切に思った事が、

何故今までテンキーレスモデルを使ってこなかったんだろう

ということです(゚∞゚;)

 

数字の入力もほとんどテンキーは使っていなかったので本当に自分でも不思議に思えました。

大は小を兼ねるとは言いますが、自分の狭いデスク環境でテンキー分の横幅は無駄でしか無かった(゚∞゚;)

 


 

ちなみに昨日まで約5年間使ってきた茶軸のMajestouchは全く問題なく動作しています。

トラックボールと同日に購入したのですが、半年に一回キートップを外して清掃するだけで、

ほぼ新品の頃の打鍵感を維持できる堅牢性には目を見張るものがありますね。

 

現在当記事は今回購入したキーボードで書いていますが、既に赤軸の打鍵感に慣れましたw

最近ゲーミング用のメカニカルキーボードも茶軸より赤軸の製品が増えてきていますし、

FILCO社も最近は茶軸より赤軸の製品に力を入れているように思えます。

 

個人的には国内で販売されているメカニカルキーボードで一番しっくり来るのはFILCO社です。

約1万円と一般的なキーボードよりお高い物になりますが、その価値は十分にあります。

 

興味がある方は一度最寄りのPCショップで試打してみることをオススメします!!

快適なカタカタライフを送りましょう!!

 

 

そいではまたっヽ(゚∞゚)ノ

テーマ : PC周辺機器
ジャンル : コンピュータ

【SteelSeries】約5年ぶりにトラックボールからマウスに買い替えました【Sensei】

2015.02.26 16:27 

WP_20150223_18_55_31_Pro

 

以下の記事の続きです。

約4年半で故障したKensington社のSlimBlade Trackballを新品交換してもらいました

 

当ブログをご覧の方はつい先日も記事にしましたが、

僕はKensington社のSlimBlade Trackballというトラックボールを使い続けてきました。

 

先日のトラックボール故障時にも買おうか迷っていたマウスがあったのですが、

まさかの無償交換によりマウスへの乗り換えをする必要がなくなり安都していたのですが!!

 

今月発売された某Steamのゲームにガッツリハマってしまい、とうとうマウスを購入してしまいました。

購入したものはSteelSeries社Sensei RAWと、マウスパッドは同社のQCK miniです。

 

PCゲーマーの方ならド定番な物だと思うので説明不要だと思いますが、

5年ぶりのマウスであることと、机の横幅が90cmしかない自分のデスクに置いてみると

こんな感じになるよっということをお伝えしていきます。

 


 

 

WP_20150223_22_55_56_Pro

 

開封画像や普通のレビューは他のブログがしていると思うので省略します(゚∞゚)

今まで使ってきたトラックボールと今回購入したSenseiの大きさ比較。

 

上画像を見てマウスのほうが小さいことは一目瞭然ですが、実際に使用するとなると

トラックボールはボール部だけを動かすのでフットプリントは見たまんま以上にはなりません。

 

一方マウスはマウス自体が小さくても上下左右に動かすポインティングデバイスなので、

結局のところマウスパッドのサイズがフットプリントとなってしまいます(゚∞゚;)

要するにトラックボールのほうが実際のフットプリントは格段に小さいということですね。

 

WP_20150224_07_55_31_Pro

上画像がマウスとマウスパッド設置時の状態です。

今回購入したQCKmini(マウスパッド)のサイズは縦21 x 横25cmですが、

デスクの幅が90cmしかない自分のPC環境ではご覧のとおり縦向きに置いてもカツカツ(゚∞゚;)

 

 

WP_20150224_12_39_33_Pro

 

ちなみに今回のマウス導入にあたってデスク左側のスペースを最大限まで削ってこの状態なんです。

採寸して大体の設置後の状態を考えた上でのマウス購入でしたが、

実際に置いてみると本当に窮屈ですね(゚∞゚;)

 

しかしトラックボールとマウスでのゲーミング性能は雲泥の差です。

自分が今回マウス購入の決心に至った某Steamのゲームプレイも快適になりました(ง゚∞゚)ง

 

 

WP_20150224_12_38_56_Pro

 

上画像は現在のPCデスク全体の写真です。

横幅90cmのデスクで快適なPC環境をを突き詰めるとこうなります(゚∞゚;)

 

大画面のモニタを使いたい!!音質も良くしたい!!生放送したい!!ゲームしたい!!

自分の欲望の塊が奥行き60 x 横幅90cmという限られたスペースの中に凝縮されております。

長い歳月を経てついにここまできたかという感じです。

 

最早自分なりの美学のようになってきているのかもしれません(゚∞゚)

大きいデスクに好きな物を好きなように設置するのはすごく簡単だと思いますが、

小さいデスクに好きな物を快適さを損なわずに設置するのは難しいことです。

 


 

マウスについての記事のはずが、色々と話題が脱線しすぎているような気もしますが、

今回の記事は冒頭にも書いたように普通の製品レビューではありませんからねっ

 

今後この空間がどのように進化していくのか。。。

完成しているように見えますが、物欲は常に付き纏うもの!!

それを上手くこの空間に落としこんでいこうと思います。

 

 

そいではまたっヽ(゚∞゚)ノ

テーマ : PC周辺機器
ジャンル : コンピュータ

約4年半で故障したKensington社のSlimBlade Trackballを新品交換してもらいました

2015.01.16 16:06 

sbt_replace

 

以下の記事の続きです。

マウスを卒業しました。ー ケンジントン Slim Blade Trackball 購入 ー

 

 

ずっと愛用してきたKensington社のトラックボール「SlimBlade Trackball(以下SBT)」の左クリックに異変が。

 

反応しない時や勝手にシングルクリックが連打気味になる時があり、チャタリングを起こし始めたのだろうと思い、

新しく買い替える前に、使用中のSBTって何年前に買ったのだろうと過去の領収書を漁っていたところ、

購入日は2010年の8月17日でした(゚∞゚;)

 

もう4年以上使っているんだから壊れ始めて当然かと思いつつ、同製品を検索していたところ、

AmazonのSBT商品ページに「5年保証」の文字。

 

自分のSBTの外箱の底面の保証書にも同じく5年保証と書いてあり、

ダメ元で日本のKensington代理店である七陽商事株式会社に電話しようとしたところ、

2014年8月25日からKensington社製品のサポートはアコ・ブランズ・ジャパン株式会社に変更になったとのこと。

 

そしてアコ・ブランズ・ジャパン株式会社に約4年半使ったSBTの左クリックがおかしいので、

新しく買い直す前に一応電話してみたと伝えたところ、

 

「買い直す前に電話をしていただけて良かったです。」

 

なんという暖かいお言葉(;∞;)

領収書とSBTのシリアルナンバーと住所をメールで伝えれば、先に新品の交換品を送ってくれることになりました。

それがつい二日前(2015年1月14日)の午後の話で、本日午前に交換品が届きました。

 

チャタリングが起こるようになったSBT返送用の着払い伝票も入っており、返送もすぐできました(゚∞゚)

返送前に旧SBTと交換品のSBTの箱を並べてみたのがトップの画像です。

 


 

4年半前に自分が購入したSBTの型番は「SlimBlade Trackball 72327」。

今回届いた交換品はパッケージが日本仕様になった「SlimBlade Trackball 72327JP」でした。

 

 

screenshot.1421389172

 

SBT用ユーティリティソフト「Trackball Works」でレビジョンがRev.1.09になっているのを確認。

まさかと思いながらボタン設定画面を開いてみると。。。

 

 

screenshot.1421378518

 

旧レビジョンではハードウェア側の問題で対応していなかった同時押しが有効になっていました!!!

上画像赤枠部は以前のSBT接続時はグレーアウトしていて設定できませんでした。

 

左クリックと右クリック同時押しでホイールクリック、戻る・進むボタン同時押しでTaskListという

ソフトを起動するように設定しました!!

 

 

4年以上使っていたトラックボールが新品になるわレビジョンが上がって機能が増えるわと最高ですね。

SBTは発売当初は約15,000円でしたが、現在は約9,500円以下で購入できます。

 

ちなみにSBTの保証書は外箱に印刷されているので、絶対に外箱と領収書は捨てないようにしましょう。

これでまた快適なトラックボールライフを再開することが出来ますっ

 

 

ありがとうKensington!!ありがとう七陽!!

そいではまたっヽ(゚∞゚)ノ

テーマ : 周辺機器
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

鳩家

Author:鳩家
鳩家tvにて配信を行っている鳩家です。
ブログ同様PCやガジェット関連の話を主にしています。鳩家tvに遊びにきてくださいね!!
よろしくお願いします(゚∞゚)

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。