スポンサーサイト

--.--.-- --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Touch Diamondのクレードルを加工してみた。

2011.08.29 08:47 
craidle_custom3 (2)

 

前回の記事でレビューを書いたTouch Diamond用のクレードルを、シリコンケースを付けたまま背面カバー(?)を外さずに挿せるように加工してみました。

 

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : スマートフォン
ジャンル : 携帯電話・PHS

サブバッテリも充電できるミヤビックス社製「USBクレードル for HTC Touch Diamond」を購入しました。

2011.08.28 10:49 

s21ht_craidle-1_thumb1

 

もはや完全に愛機となるTouch Diamond(イーモバイルS21HT)のクレードルを購入しました。

見た目も良いし、充電やPCと同期したい時にサクっと挿すだけで使えるので非常に便利ですね!!

 

 

 

s21ht_craidle-2_thumb2

 

更にこのクレードル、サブバッテリも同時に充電が可能なんです。

その為にはクレードルに端末充電用のminiUSBとサブバッテリ充電用のAC電源が必要となりますが(゚∞゚;)

 

こういった薄型端末は置き場所に困るタイプの僕なので収まりが良くなって助かります。

Windows Mobile用の周辺機器を今更購入するなんてアホ臭いと思う方も居るかもしれないですが、

自分が良ければ何でも良いんです!!

 

 

という訳で皆様も楽しいモバイルライフを。

そいではまたっヽ(゚∞゚)ノ

 

 

---------------------追記-----------------------

 

 

シリコンケースを付けたままだと、クレードルに挿すことが出来なかったのですが、

craidle_cutstom-4_thumb2

 

この部品が取り外せたので、そのまま挿せるようになりました!!

 

 

craidle_cutstom-1_thumb1craidle_cutstom-2_thumb1

 

支えが無くなったので若干グラつきはありますが、今のところ問題ないです。

しばらくはこれで常用してみたいと思います!!

 

 

追記終わり。

テーマ : スマートフォン
ジャンル : 携帯電話・PHS

今更ながらROM焼きしたTouch Diamond(S21HT)のテザリングが超お手軽。

2011.08.21 05:57 

teza4 (3)

 

国内でIS12TというWindows Phone7の機種が発表されて話題に上がっていますが、未だにWindows Mobileで遊んでいる鳩家です。

 

ROM焼きを行ってからテザリングを一切していなかったので気付かなかったのですが、WindowsMobile6.5にROM焼きした端末だと簡単にテザリングができてしまうことを今更知りました(゚∞゚;)

 

続きを読む

テーマ : スマートフォン
ジャンル : 携帯電話・PHS

ROM焼きしたTouch Diamond(S21HT)でEMnetメール。

2011.03.24 20:07 

screenshot.24-03-2011 18.07.10
ROM焼きしたイーモバイルのTouch Diamond(S21HT)のお話です。
EMnetメールを問題なく送受信できるようになったので、僕が行った設定を覚え書きとして書いていきます(゚∞゚)

まずは日本語ROMでいうところの「接続」の設定なんですが、これについてはイーモバイル本家にとても解りやすく書いてあります。
パケット通信の接続設定(EMnet設定)

上記URLを見ながらやれば、接続の設定は簡単にできます。情弱代表の僕でもできました。


英語がわからない僕的にわかりにくかったのは、

con_set13

「Select a modem:」の選択項目は「Cellular Line(GPRS , 3G)」にしましょう。
「Cellular Line」と「Cellular Line(GPRS , 3G)」の2種類があるので間違えないようにしてください。








接続の設定が終わったらいよいよメールの設定です。

まずいくつかのソフト(?)を準備します。

「.mscr」が付いたスクリプトを実行するために必要なソフトです。

海外版のROMに初期状態で入っている「ArcMMS」を削除するスクリプトです。

次に実行する「MMSlitebuild303.cab」をインストールする下準備をしてくれるソフトです。
これを実行しておくと、MMS(EMnetメール)だけでなくSMSも受信できるようになります。

  • MMSlitebuild303.cab(右クリック→「名前を付けてリンク先を保存」)

    EMnetメールをMMSとして受信する為のソフトです。

        • MMSLite.mscr(右クリック→「名前を付けてリンク先を保存」、拡張子をtxtからmscrに変えましょう)

          MMSLiteインストール後に必要なメールのアカウント設定をしてくれるスクリプトです。
          このスクリプトはソフトバンクの端末用に書かれているので、S21HT用に以下のように書き換えましょう。

        • Case(YES)
          RegWriteDword( "HKCU", "Software\MMS Lite\Profiles\MMS", "AllowDeliveryReport" , 1 )
          RegWriteDword( "HKCU", "Software\MMS Lite\Profiles\MMS", "AllowReadReport" , 1 )
          RegWriteDword( "HKCU", "Software\MMS Lite\Profiles\MMS", "AutoRetry" , 1 )
          RegWriteString( "HKCU", "Software\MMS Lite\Profiles\MMS", "EmailAddres", "自分のメールアドレス@emnet.ne.jp" )
          RegWriteDword( "HKCU", "Software\MMS Lite\Profiles\MMS", "ForceAutoRecv" , 1 )
          RegWriteDword( "HKCU", "Software\MMS Lite\Profiles\MMS", "ForceConnect" , 0 )
          RegWriteString( "HKCU", "Software\MMS Lite\Profiles\MMS", "MmsGateway", "10.56.46.1:8080" )
          RegWriteString( "HKCU", "Software\MMS Lite\Profiles\MMS",
          "MmsServer", "http://mms.internal.emnet.ne.jp" )
          RegWriteDword( "HKCU", "Software\MMS Lite\Profiles\MMS", "MsgDurationPeriod" , 0 )
          RegWriteDword( "HKCU", "Software\MMS Lite\Profiles\MMS", "RequireDeliveryReport" , 0 )
          RegWriteDword( "HKCU", "Software\MMS Lite\Profiles\MMS", "RetryCount" , 0 )
          RegWriteDword( "HKCU", "Software\MMS Lite\Profiles\MMS", "RetryTimeout" , 30 )
          RegWriteDword( "HKCU", "Software\MMS Lite\Profiles\MMS", "SaveSent" , 1 )
          RegWriteDword( "HKCU", "Software\MMS Lite\Profiles\MMS", "ServerPort" , 80 )
          RegWriteString( "HKCU", "Software\MMS Lite\Profiles\MMS\UserAgent", "Default", "S21HT" )
          RegWriteString( "HKCU", "Software\MMS Lite\Profiles\MMS\UserAgent", "S21HT", "S21HT/ArcSoft-MMSUA-PPC-v50" )
          RegWriteDword( "HKCU", "Software\MMS Lite\Profiles\MMS\Connections",
          "EMnet" , 0 )


太字になっている部分だけ換えればOKです。
他のサイトでは手打ちでの方法を説明していましたが、このMMSLite.mscrは一回作ってしまえば、
今後ROM焼きして設定しなおす時、初期化した時の手間を省けるので、僕が勝手に改変(?)しました。


以上の5つを用意したら、

  1. MortScript-4.2-PPC.cabを実行してインストール
  2. DelArcMMS.mscrを実行
  3. PreSetupMMSLite.exeを実行
  4. MMSLitebuild303.cabを実行
  5. MMSLite.mscrを実行

※途中何回か再起動します。


これで作業は完了です。
あとはMMSの設定が上手く出来ているか確認してみましょう。


メール画面を開いて右ソフトキーを押して、

con_set21con_set22

「Tools」 → 「Options...」を選択



con_set23

MMSを選択



con_set27

「使用する接続を選択:」のところで、最初に設定した接続先にチェックが入ってることを確認。
メールアドレスの欄に自分の電話番号があることを確認。
ここに自分のメールアドレスを入れてもOKらしいですが、番号のまま使えたので自分で確認してません。



次にサーバータブを開いて、

con_set24

上から順に、

  • MMSサーバアドレス: http://mms.internal.emnet.ne.jp
  • ポート番号 : 80
  • MMSゲートウェイ(プロキシ) : 10.56.46.1
  • ポート番号 : 8080
  • ユーザーエージェント : S21HT

となっていることを確認してから、ユーザーエージェントの下にある「編集」を選択。

con_set25

上の画像では文字が切れてますが、「ユーザーエージェント」の下の欄が、
S21HT/ArcSoft-MMSUA-PPC-v50

となっていることを確認して、OKで閉じます。

今確認した項目が、MMSLite.mscrで設定した箇所になります。
書き換える箇所を間違えていない限りは、確認するだけで特に何もしなくて良いです。

違っていたら手入力で修正しましょう!



con_set26

メッセージタブは上画像のようにしておきました。
ここの設定は好みで変えれば良いと思います(゚∞゚)



これでMMSでEMnetメールの送受信ができました。
デコードエラーなどが出た場合は接続の設定、メールアカウントの設定が間違っている可能性があります。

初めてメールが上手く送受信できただけで嬉しかったです;;



色々とROMを試していたので、どのROMか覚えていませんが、DelArcMMS.mscrを実行するとエラーが出ました。
そのROMでメールの設定を最後まで行わずに他のROMを焼いてしまったので、
エラーの原因や、その状態でMMSLiteを設定して、正常にMMSを送受信できるかどうかはわかりません、、、

でもエラーが出るROMがあったっていう報告だけはしておきます。



毎回今更な内容ばかりですが、そろそろS21HTの2年契約が切れてROM焼きに初挑戦する方々も出てくることでしょうから、
こんな内容でも誰かの役に立つ予定ですw


Windows Mobileでまだまだいけますよ!!!!!
そいではまたっヽ(゚∞゚)ノ

テーマ : スマートフォン
ジャンル : 携帯電話・PHS

Wait for WP7!!!!

2011.03.22 13:07 

Touch DiamondのROM焼きが日課になりつつある鳩家です!!

Touch_wp7

タイトルのWP7とはWindows Phone7(以下WP7)のことです。
そして上の画像は現在の僕のTouch Diamond(S21HT)です。

比較のために本物のWP7の画像↓

windowsphone7

結構似てますよね(゚∞゚)


Windows Phone7は既に発売されているのですが、国内での発売は早くても年内という出遅れっぷり、、、
SIMフリーの海外の端末を買えば、国内での使用も可能ですが、何もそこまでしなくても、、、

という訳でTouch DiamondをWindows Phone7風にするCustom ROMを焼いてみました。

http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=867032
↑ここからダウンロードしました。

ROM焼きは文鎮化するリスクもあるし、メーカーサポートも受けられなくなる行為なので、
完全自己責任で行ってください!!




Screen04Screen01Screen05

OSはWindows Mobile6.5.3がベースになっていて、WP7風のUIで動くソフトが走ってるだけですw
Windows MobileをiPhone風にする「iPhone Today」というソフトのWP7版ですね。

上画像のように左右にフリックするとランチャーとプログラム一覧。

WP7_flick

下にフリックすると、アドレス帳やカレンダー+ランチャーの登録ができて普通に便利なToday画面です(゚∞゚)

WP7_lockWP7_windowsScreen06


下段の「←」を押すとスクリーンロック、Windowsのロゴがスタート、その右が検索窓表示。

スクリーンロックとWindowsスタート部分は、もろにWindows Mobile6.5ですねw
それでも従来のTouch Diamondよりも視覚的にキレイなので、僕的には気に入っています。



WP7_bottun_setteiWP7_home_settei

もちろんボタンの色や、表示するアプリケーションも設定できるのでお好みで設定しましょう。




一部フォントが豆腐化するけど、日本語化もできたし通話・EMnetメールの送受信も行えました。

という訳で前回の記事でEMONSTER Lite一択と言いましたが、WP7待ちの僕はこのROMで常用したいと思ったので、
gesture10keyを入れて、あたふたしながらフリック入力に勤しんでおります(゚∞゚;)

このROMでWP7の国内販売を待ちましょうかね!


そいではまたっヽ(゚∞゚)ノ

テーマ : スマートフォン
ジャンル : 携帯電話・PHS

プロフィール

鳩家

Author:鳩家
鳩家tvにて配信を行っている鳩家です。
ブログ同様PCやガジェット関連の話を主にしています。鳩家tvに遊びにきてくださいね!!
よろしくお願いします(゚∞゚)

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。